風俗嬢に気に入られるには

迷うのは悪くないというよりも、魅力です

どの風俗で遊ぶのかや、どの風俗嬢にするのかであれこれ悩むのは、決して悪いことではないと思いますよ。むしろそれもまた、風の魅力と言っても決して過言ではないんじゃないかなって思うんですよね。なぜなら、迷えるだけの選択肢があるってことじゃないですか。もしもですけど、風俗がない地域だったら風俗で迷うことなんて出来ませんし、業者が少なければ選択肢そのものが少ないので、遊ぶかどうするかと言う選択肢しかないんです。こういった事情を考えると、風俗で迷うのは幸せなことなんじゃないかなって気持ちになるのも決して分からない話ではないんじゃないかなって思いますよね。むしろそれによって、じゃあどうすべきなのかということまでいろいろと分かるじゃないですか(笑)じぶんの好みはもちろんですけど、好み以外はどうするのかなど、いろいろなことが考えられるじゃないですか。それもまた、ある意味では風俗の醍醐味と言っても良いんじゃないかなって。

夜中のデリヘルが燃える理由とは

デリヘルはいつでも楽しめる風俗ですけど、個人的には夜中が燃えますね。なぜなら、夜中にデリヘルを楽しんでいると、まるで女の子をナンパしたかのような気持ちになるんですよ。ナンパして持ち帰りしてホテルで楽しんでいるかのような気持ちになれるんです。風俗を楽しんでいるのではなくて、ナンパでゲットした女の子と二人きりで楽しんでいる。そんな気持ちになれるんですよ(笑)だから自分の気持ちの乗り方も全然違ってくるんです。そこがいいんですよね。自分でいろいろと楽しい気持ちになれるので、モチベーションとかテンションとか、気持ちの面で前向きになってくるんですよ。これが何よりも大きいんです。だから最近では風俗は夜中にデリヘルってパターンが多いですね。特に終電が終わってからがいい感じです。自分が終電で帰宅して、自宅近くのホテルでデリヘル嬢と楽しんでいると、女の子をゲットしたかのような気持ちまで味わえるので盛り上がるんですよ。